見た目年齢の若返り|シワのない状態にできる切らないフェイスリフト
女の人

シワのない状態にできる切らないフェイスリフト

見た目年齢の若返り

婦人

しっかりと原因をつかむ

ほうれい線が深いと、実際の年齢以上に見られたり、気難しく思われたりします。ほうれい線の消し方を知るには、ほうれい線が深くなっている原因を見つける必要があります。まず第一に、もともとの骨格がほうれい線を目立たせている人がいます。この場合は、若い時からほうれい線が目立っています。老化や肌のダメージが原因ではないので、栄養や運動で改善できるものでもなく、骨を削るなどの整形が必要になります。次に、コラーゲンなどの潤い成分が不足することが原因のものです。ほうれい線に限らず、他のしわについても同じですが、潤い成分がなくなると皮膚にハリがなくなり、しわが深くなります。3つめが、ほうれい線自体は深くなっていないが、頬の肉がたるんでいることで、ほうれい線が目立つようになっているものです。この場合はほうれい線というよりも頬の肉に対処しなければなりません。自分にあったほうれい線の消し方を見つけるために、美容クリニックなどでカウンセリングをしっかりと受け自分の現在の状態をつかむことが大切です。

キレイになるために

ほうれい線の消し方は、いろいろありますが、現在人気なのがメスを使わない方法です。ヒアルロン酸などを注入して潤いを与えしわを浅くする方法や、レーザーなどを用いて肌本来のハリを取り戻す方法が人気です。傷が残ることもありませんし、術後のダウンタイムもなく、整形というよりエステ感覚で受けられます。といっても、メスを使った整形は確実に効果が出ますし、持続性も高いです。一方、注射やレーザーは1年程度の持続性しかなく、定期的に受け直す必要があります。それでも、術後に「いかにも整形しました」という印象を与えることがないので、気楽に受けることができます。ヒアルロン酸注射やレーザー治療は、顔を変えたいというよりも、キレイになりたいという人の気持ちに応えるためのほうれい線の消し方です。